MENU

マンション売却するときの不動産会社の選び方・おすすめランキング!

 

マンションを売却する場合、個人売買で売るという選択肢もありますが、あまり現実的ではありません。
基本的には不動産会社に販売を依頼して自宅を手放すための処理を進めていくというのが、一般的な方法だと思います。

 

まずはマンション売却に対応できる不動産会社を選ぶところから始める必要がありますが、ほとんどの業者は対応しているので、簡単に見つけることができます。
とは言え、どの業者でもいいわけではないので、不動産会社の選び方が重要です。

 

マンション売却の不動産会社の選び方その1.販売方法で選ぶ

ただし、中古マンションを販売するには、いろいろな方法があります。
自分が希望するマンションの売却方法に対応している不動産会社かどうかというのは、業者に問い合わせをして確認しておく必要があります。
その際の対応の雰囲気なども後々関連してくるため、チェックしておきましょう。

 

マンション売却の不動産会社の選び方その2.会社規模で選ぶ

不動産会社と言っても全国展開しているような大手企業から、規模の小さな個人商店レベルの業者などもあります。
ここで気を付けたいのが、大手だから安心というわけではなく、場合によっては個人業者に依頼するメリットの方が高いケースもあります。
いずれの場合も経験が豊富な営業マンに相談するというのは基本中の基本です。

 

マンション売却の不動産会社の選び方その3.評判で選ぶ

マンション売却は、不動産会社の対応や力によって売れるまでの期間や売値金額が変わってきます。
所有物件を売る事を決め、不動産会社に依頼する場合は、インターネットの口コミサイトなどを利用して事前に評判を調べておきましょう。
一括見積もりを利用すれば、評判の悪い不動産会社は予め排除されているので安心です。

 


マンション売却

 

マンション売却の不動産会社の評判は?売買仲介実績ランキング!

 

少しでも高く売るには、マンション売却に強い不動産会社に販売をお願いしたいですよね?
売買仲介実績ランキングを見れば、実力が簡単に分かります。

 

順位 社名 取扱件数 取扱金額
1位 三井不動産リアルティ 41,533件 1兆7,068億円
2位 住友不動産販売 37,643件 1兆3,263億円
3位 東急リバブル 25,570件 1兆2,455億円
4位 野村不動産グループ 8,922件 7,673億円
5位 三井住友トラスト不動産 7,935件 5,042億円
6位 三菱UFJ不動産販売 5,569件 4,149億円
7位 みずほ不動産販売 4,125件 3,845億円
8位 三菱地所リアルエステートサービス 1,129件 3,073億円
9位 大京穴吹不動産 6,580件 1,686億円
10位 東宝ハウスグループ 4,708件 1,580億円

 

ランキングを見れば明らかですが、大手3社が圧倒的に強いことが分かると思います。
マンションを売却する場合は、大手3社のうち、最低1社で査定を受けることをおすすめします。

 

マンション売却の不動産会社おすすめランキング1位!三井不動産リアルティ

三井不動産リアルティは、三井不動産の子会社です。
「三井のリハウス」「三井のリパーク」で有名なので、ご存じの人も多いと思います。
取扱件数は30年以上連続1位という、業界のトップ企業です。

 

会社名 三井不動産リアルティ株式会社
本社住所 東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング 9階
資本金 200億円
従業員数 4,243名(連結5,127名)(2019年4月1日現在)
事業内容

個人向け不動産仲介事業
法人向け不動産仲介事業
駐車場事業
その他事業

 

公式サイト:https://www.stepon.co.jp/

 

マンション売却の不動産会社おすすめランキング2位!住友不動産販売

住友系列の不動産会社で、関西圏では圧倒的な強さを誇っており、三井不動産でも勝てません。
「住友の仲介STEP」で知らており、販売実績を順調に伸ばしています。

 

会社名 住友不動産販売株式会社
本社住所 東京都新宿区西新宿二丁目4番1号
資本金 29億7000万円
従業員数 3,550名(2019年4月1日現在)
事業内容

不動産の売買、賃貸の仲介業務
不動産の受託販売業務
不動産の賃貸業務
前各号に付帯関連する業務

 

公式サイト:https://www.stepon.co.jp/

 

マンション売却の不動産会社おすすめランキング3位!東急リバブル

東急系列の不動産会社で、東急沿線などの首都圏に強いという特徴があります。
新しいサービスの開発意欲が旺盛という特徴もあります。

 

会社名 東急リバブル株式会社
本社住所 東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号
資本金 13億9630万円
従業員数 3,235名(連結3,385名)(2019年3月末現在)
事業内容

不動産仲介業(売買仲介および賃貸仲介
新築販売受託業(新築マンション・建売等の販売代理)
不動産販売業(新築マンションの分譲・リノベーション事業等)

 

公式サイト:https://www.livable.co.jp/

 

マンション売却の不動産会社おすすめランキング4位!野村不動産

野村不動産株式会社(のむらふどうさん)は、野村證券系の総合不動産会社です。
中間持株会社である野村不動産ホールディングス株式会社の直接の完全子会社となります。

 

会社名 野村不動産株式会社
本社住所 東京都新宿区西新宿1丁目26番2号
資本金 20億円
従業員数 1,976名(2019年4月1日現在)
事業内容

マンション分譲事業
戸建分譲事業
法人仲介事業
投資・開発事業
ビルディング事業
建築・設計事業
資産運用事業

 

マンション売却の不動産会社おすすめランキング5位!三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産は、三井住友信託銀行グループの不動産会社です。
土地・一戸建て・マンション等、居住用不動産の売却や購入の仲介だけでなく、投資用・事業用の不動産に至るまで、不動産流通にかかわる各種サービスを、三井住友信託銀行グループの全国ネットワーク網で幅広く提供しています。

 

会社名 三井住友トラスト不動産
本社住所 東京都千代田区神田錦町三丁目11番地1 NMF竹橋ビル
資本金 3億円
従業員数 1038名(2019年4月1日現在)
事業内容

不動産の売買・交換の仲介およびこれに付帯・関連するコンサルティング業務

 


マンション売却

 

マンション売却の不動産会社の選び方の番外編!悪質業者の特徴

 

マンションを売却する場合には、ほとんどの人が不動産会社に販売を依頼します。
ところが、サポートしてくれる不動産会社の中には、悪質な業者が紛れている可能性もあります。
不動産会社に依頼する場合は、悪質業者の特徴を知って、騙されないように注意する必要があります。

 

マンション売却の不動産会社の選び方、大手なら安心?

ちなみに大手の不動産会社だと安心、信頼できるというイメージを持っている人は少なくないと思います。
ですが、例え一般的に信頼できる不動産会社と言われていても、担当する営業マンによっては対応が悪い場合もあります。

 

あまり過信しないように気を付けたいところですが、ノルマが厳しい不動産会社になってくると、より執拗な対応をしてくる場合があるので注意する必要があります。

 

マンション売却の不動産会社の選び方、個人業者は悪質?

また、個人業者・冷泉業者といった不動産会社になってくると、当たりはずれが多いのは事実です。
インターネットでの情報も少ない場合が多いので、まずは店舗に足を運んで対応を確認してから、信頼できる業者かどうかということを判断する必要があります。

 

その際に不動産会社を見るポイントとしては、店舗の中の雰囲気がどうかということです。
一般的に優良な企業の店舗では、明るい雰囲気のところがほとんどです。

 

反対に悪質な不動産会社では、店舗内も暗い雰囲気になっているところが多いため、店舗の雰囲気を見ることで悪質業者かどうかということも知ることができます。

 


マンション売却

マンション売却を考えている人は必見です!

不動産を相場より高く売るにはちょっとしたコツがあります!
マンション売却は、一生の間に何度もある事ではないので、失敗しないように情報収集してから売らないと大損することになりますよ!

マンション売却のコツ