MENU

マンションを売却、一戸建て購入して住み替えた体験談

 

マンションを売却したきっかけは、子供が生まれたからです。
売却したマンションは、自分ではなく妻の母が所有者で、同居が条件でした。
新築の一戸建て購入の相場は数千万円なので、私一人ではとても払える金額でありません

 

そこで、マンションを売却した金額を、新しい家の購入費にあてることにしました。
いわゆる一戸建てへの住み替えです。

 

マンション売却後、ローンを差し引いた資金で一戸建て購入して住み替える計画

マンションは15年住んでいて、まだローンが残っていました。
それを差し引くと、2000万円ほどです。

 

最初はそれより高い販売価格で売り出しましたが、なかなか買い手があらわれません。
高台にある物件で眺めが良いのですが、駅から少しはなれているのと、坂の上なので、買い物にいくのが大変であることも原因のようでした。

 

マンションが売却できないと一戸建てを買い替え購入できない!

一戸建て購入して住み替えるには、どうしても今の住んでいるマンションを売却する必要があります。
そこで相場よりも少し低い金額に値下げすると、若い子供連れの夫婦が内覧を希望してきました。

 

実際は仲介者がいるので、直接会う必要はなかったのですが、たまたま家の中を確認したいということもあり、一度会ってみました。

 

マンション売却資金で一戸建て購入して住み替えすることができた!

とても感じの良いご夫婦で、大事に使ってくれそうな印象を持ったので、マンションを売却することにしました。
これで住み替えのための一戸建て購入資金が、ようやく確保できました。

 

義理の母は、もっと高く売れたはずといってましたが、夫婦をみて無理のない価格で良かったと自分は思いました。
買い替えたのは新築の建売住宅でしたが、マンションがなかなか売れないので、実は相当焦っていました。

 

何とか無事に一戸建てを購入して住み替えできたので、売れた時には本当にほっとしましたね。

 

マンション売却と一戸建て購入の住み替えのタイミング

 

一戸建て住宅の購入を検討していて、住んでいるマンションを売却したい人もいると思います。
住み替えで売る場合は、持ち家が売れる前に新しい物件を購入して先に引っ越しをするか、今の家に住みながら売れるのを待つという選択肢があります。

 

もしくは、賃貸アパートや実家に一時的に引っ越して、住んでいたマンションが売却できるのを待ちつつ、新しい物件を探すというのも有効な方法です。
いずれの場合も、住み替え時期やタイミングを間違えなければ、不動産を売る方法としては有効な手段ではあります。

 

一戸建て購入後、住み替えてからマンション売却すると安心

できれば、住み替え先の一戸建てを購入して引っ越してから、前の家が売れるのを待つというのが、焦らずに販売できる方法なのでおすすめします。
売り急ぐ必要がないので、高く売れる可能性も高くなります。

 

ただし、この場合はマンションを売却する前に、住み替える一戸建てを購入することになるため、それなりに資金力が無いと、この方法は難しくなります。

 

マンション売却資金で一戸建てを買い替え購入するならタイミングが重要

資金に余裕が無い場合は、売れるのを待ってから、新しい物件を購入するという買い替え方法になってきます。
マンションの売却と一戸建て購入のタイミングを上手に揃えないと、住む家が無くなるということにも繋がりかねないので、十分に注意する必要があります。

 

売ることが決まってしまうと、まだ次の家を購入していないという理由で、時期をずらすのは殆ど不可能です。
自宅を購入する場合、あらかじめどのような物件を買うか決まっている場合は、手放す方もスムーズに進むものです。

 

購入する一戸建てや時期が決まってない場合は、決めてからマンションの売却も考えましょう。

マンション売却を考えている人は必見です!

不動産を相場より高く売るにはちょっとしたコツがあります!
マンション売却は、一生の間に何度もある事ではないので、失敗しないように情報収集してから売らないと大損することになりますよ!

マンション売却のコツ