MENU

マンション売却と買取の違いは?業者買取の相場は?

 

所有するマンションの売る事になった場合、不動産業者に買取して貰うか、それとも仲介を依頼して購入者を探して売却するか決めなければいけません。

 

どちらの方法にも一長一短がありますので、売主の希望や状況によって、どちらが得でどちらが損なのかは異なります。

 

ここでは、マンションの「売却」「買取」のそれぞれの特徴について紹介しています。
よろしれば参考にして下さいね。

 

マンション売却と買取の違い

 

売却

買取

購入者 未定 業者
仲介手数料 必要 不要
売却額 高め 低め
売却期間 長め 即時

 

売却と買取、それぞれの特徴について比較表にまとめてみました。
大きな違いとしては、「業者買取」はすぐに売れるけれど金額が低め、「売却」は時間や手数料は掛かるものの金額は高めといった特徴があります。

 

マンション売却と業者買取は不動産会社の規模によって異なる!

マンション買取に対応できる不動産業者は大手に限定され、地場の中小・零細の不動産業者は売却にしか対応できないことが殆どです。

 

不動産を自社商品として仕入れるには、豊富な資金力が必要です。
そのため、大きな資本を有する大手業者の独壇場となっているためです。

 

そういった意味でも、マンションを売ることを決断する初期の段階で、どちらの方法で物件を手放すのか決めておく必要があります。
どちらの方法も一長一短あり、売却と業者買取のどちらが正解とは言えません。

 

マンション売却より業者買取の相場は安い!チラシ広告には要注意!

マンションを売るなら高価買取の当社に!といったチラシが不動産会社から投函されると思いますが、真に受けると期待を裏切られると思います。
殆どの場合、「業者買取」は「売却」よりも金額が低いからです。

 

中古マンションにも「相場」がありますので、「業者買取」の際には、市場価格よりも低い金額で仕入れる必要があります。
実際には高価買取はできないのが本当のところなのです。

 

不動産会社の「高価買取」には、何の根拠もありません。
少しでも高く売りたいなら、「マンション買取」ではなく「マンション売却」で売ることをおすすめします。

 

マンション売却より業者買取の相場が安い理由

売却の場合、不動産屋には殆どリスクはありません。
インターネット媒体に掲載すれば多少の広告費は掛かりますが、月額固定で掲載契約をしている業者も多いので、追加費用が発生しない場合もあります。

 

それに比べ、マンション買取の場合は売れなければ、不動産会社の損になってしまいます。

 

そのためリフォームなどを行って物件をバリューアップして売り出すのですが、それでもすぐに売れるとは限りません。

 

マンション買取費用やリフォーム費用も、自己資金ではなく銀行借入の場合が多いので、売れるまでの期間が長引くほど金利負担が増してしまいます。

 

不動産会社としては損しないように、少しでも早く、少しでも利幅を大きくといった計算が働くので、買取の際の査定額が低めになってしまうのです。

 

マンション売却より業者買取を選んだ方が良い人とは?

以下のような場合、売却よりも業者買取の方がお得だと言えます。

 

少しでも早く現金が欲しい
内覧されるのが嫌
売却に出しているのを知られたくない
瑕疵担保責任は嫌
面倒なのは嫌

 

反対に、売れる期間は延びても構わないので、少しでも高く売りたい人は、マンション売却を選択する方が良いでしょう。

 

業者買取は不動産会社のバリューアップの力量による所も大きいので、なるべく多くの業者から見積もりを取ってみて下さい。

 

当サイトで紹介している、「一括査定サイト」は、一度の入力で複数業者に依頼ができるので便利だと思います。

 

参考:マンション売却一括査定サイトおすすめ3選!

マンション売却を考えている人は必見です!

不動産を相場より高く売るにはちょっとしたコツがあります!
マンション売却は、一生の間に何度もある事ではないので、失敗しないように情報収集してから売らないと大損することになりますよ!

マンション売却のコツ